ほんズッキナンサー

 

本に関しての2chまとめサイトです。

              
84: 名無しのオプ:2011/03/27(日) 08:44:35.74
僕は今日、結婚式を挙げることになった。
花嫁はバイト先で知り合ったしおりちゃん。とても可愛い娘だ。
知り合ってからひと月も経たないうちの結婚には正直戸惑いもあるが、やっぱり嬉しい。
場所がホテルの小さなチャペルというのが少し不満だけど、彼女が決めたことだし、
バイトで食い繋いでいる身としては文句も言えない。実は今日だって僕はバイトなんだ。

チャペルの扉が大きく開かれ、父親に手を引かれたしおりちゃんが、バージンロードの上を僕の待つ祭壇の前に向かってゆっくりと歩いてくる。
改めて見ると本当に綺麗な娘だ。彼女の晴れやかな表情を見ると、僕も誇らしい気持ちになってくる。

讃美歌を歌い、聖書を読み、結婚式は型通りに進んで行く。そしていよいよクライマックスの誓詞。
「町田しおり、あなたは木村真一を夫とし、病める時も健かなる時もこれを愛し、敬い、生涯大切にすることを誓いますか」
しおりちゃんはちょっぴり顔を赤らめながらもはっきりした声で「誓います」と言った。

彼女の少し涙の滲んだ瞳を見て僕は、改めて僕なりに彼女を幸せにしたいと心に誓った。
ホテルの結婚式のバイトで食い繋いでいる貧乏牧師の身で出来ることは限られているけれども。
【新・面白い叙述トリック考えた 3 僕は今日、結婚式を挙げることになった】の続きを読む

              
8: 名無しのオプ:2011/03/12(土) 01:21:11.04
ソウル国際大学のユン・グァヒョン教授が大学の研究室で殺害されるという事件が発生し、
ソウル市警のパク・ソンヨン警部が捜査に当たることになった。
パク警部は、ユン研究室の学生を集めて事情を聞くことにした。
研究室のリーダー的な存在であるキム・ジョンソン、体育会系のチョ・ジョンウン、
小柄な女子学生のアン・ミヒ、そして日本からの留学生ハルキ・イシグロである。

「警部、我々のうちの誰かが教授を殺したと疑っているのですか」
キム・ジョンソンが言うと、警部はにこやかな笑顔でやんわりとそれを否定した。
「まだ何もわかっていませんよ。ユン教授はテレビでも有名なスター教授でしたからね、
当然敵も多かったでしょう」
「教授は優しい人でしたよ。少なくとも私たち学生には」
「キムの言う通りです」と、チョ・ジョンウンも続いた。
「しかし教授に保守的な国粋主義者という側面があったのは事実なのでは」
「それも誤ったイメージです。私たちを見ればわかるはずです」
キムはハルキの方をチラッと見ながら強い口調で言った。
「なるほど。それでは」パク警部は続けた。「教授は女性関係の方はどうでしたか。
女性にはモテたと伺っていますが」
警部はそのとき、アン・ミヒが顔を赤らめて俯いたのを見逃さなかった。
「教授は立派な紳士です。倫理に反するような事は決してされませんでした」
キム・ジョンソンは再び強い口調で言うと、「そうだよね、ミヒ」と突然、
アン・ミヒに水を向けた。その目には心なしか咎めるような気配が感じられた。
「え、ええ、勿論」アン・ミヒが妙に動揺しているのが、警部には気になった。

そのとき、警部の部下が入ってきて新しい情報を警部に伝えた。
「目撃者が出ました。犯行時刻に金髪の外国人女性が研究室から出てくるのを見た人がいるのです」
その新しい情報は学生たちの間に安堵の空気をもたらした。ただ一人を除いて。
パク警部は、キム・ジョンソンの前に立つと穏やかに語りかけた。
「目撃者が出ては仕方ありません。あなたにもっと詳しくお話を聞く必要がありそうですね」
キンバリー・ジョンソン(Kimberley Johnson)はその美しいブロンドの髪を掻き上げると、
観念したように立ち上がった。
【新・面白い叙述トリック考えた 3 「はい、差入れのあんパン。で、ホシはどうですか?チョーさん」】の続きを読む

              
1: オムコシ ★:2015/03/05(木) 21:29:32.99
2014年は、『ビブリア古書堂の事件手帖』に代表される「キャラクター文芸」「ライト文芸」
「キャラノベ」などとカテゴライズされたイラスト付きの文庫小説の新レーベル創刊が相次いだ。
(※同じイラスト付き文庫小説でもライトノベルとは区別される)

 6月に富士見書房が「富士見L文庫」を創刊したのを皮切りに、9月には新潮社が「新潮文庫nex」を、11月には白泉社が「招き猫文庫」、
朝日新聞出版が「朝日エアロ文庫」をそれぞれ創刊、これらのレーベルの作品は、「妖怪」「ライトミステリ」「お店もの」
「女性主人公」「男性のタッグもの」などの要素を取り入れた作品が多く、女性読者を強く意識していることが特徴となっている。

 このムーブメントの背景には、やはり『ビブリア古書堂の事件手帖』(三上 延/メディアワークス文庫・1~6巻)の大ヒットがある。
昨年12月にはシリーズ累計部数が600万部を超えたと発表された。
そのほか、シリーズ累計部数が120万部を突破した『真夜中のパン屋さん』(大沼紀子/ポプラ文庫・1~4巻)や、
『珈琲店タレーランの事件簿』 (岡崎琢磨/宝島社文庫・1~4巻)、
52万部を突破した『思い出のとき修理します』 (谷 瑞恵/集英社文庫・1~3巻)、
60万部を突破した「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」(太田紫織/角川文庫・1巻~7巻)などが後につづき、各社しのぎを削っている状況だ。

 2015年もこの流れは続く。
1月に集英社が「集英社オレンジ文庫」を創刊、2月にKADOKAWA メディアファクトリーが「MF文庫ダ・ヴィンチMEW(ミュー)」をスタートした。
集英社オレンジ文庫は、“魅力的な主人公”や“ストーリーへの没入感”をキーワードにしたライト文芸、MF文庫ダ・ヴィンチMEWは、
「あした笑顔になれるお仕事エンタメ」をキャッチフレーズにしたキャラクター文芸シリーズ、とそれぞれ特徴を打ち出し、20代~40代を中心とした女性読者をねらう。















http://ddnavi.com/news/229282/
【【小説】『ビブリア古書堂の事件手帖』に続く大ヒット作は出るか? いま「キャラクター文芸」がアツい】の続きを読む

              
1: 考える名無しさん:2015/02/13(金) 19:29:18.09
頭の悪い俺に説明してやって下さい。


つまり『哲学』とはどういう内容の学問のことをいうのか。
2: 考える名無しさん:2015/02/13(金) 20:09:15.21
ずいぶん昔に法学部を中退した者だけれど、
在学中は大陸合理論だのイギリス経験論だのドイツ観念論だの
知らんかったわけ。
人が人を規律し、秩序立てていくことって
集団生活であれば、規模は大小あれ必ず必要になるわけじゃん。
そのときに原理として模範だとか正しさが国によって
思考方式から違う。成文法と判例法。
これって、もとをたどると先に挙げた~論の源流にいきつく。
ピュアに思考の源流を探求していこうという営み。
これが哲学というものかもね。
まあ、ひとそれぞれ定義しだすと収拾つかぬほどきりないけど。
俺はそんなふうに説明しておくよ。
3: 考える名無しさん:2015/02/13(金) 20:09:40.68
常識を疑い、モノの本質を見つめ直す学問

哲学という学問に開拓はない
【『哲学』って一体どういう学問なんだ?】の続きを読む

              
1: 名無しさん@├\├\廾□`/:2012/09/25(火) 18:59:54.25
(・∀・)四面楚歌
3: 名無しさん@├\├\廾□`/:2012/09/26(水) 15:39:12.90
(・∀・)北斗神拳
6: 名無しさん@├\├\廾□`/:2012/09/27(木) 11:13:07.84
(・∀・)一触即発
7: 名無しさん@├\├\廾□`/:2012/09/27(木) 17:33:38.50
(・∀・)三(・∀・)フォンフォン 電光石火
【(・∀・)←こいつに四字熟語言わせろ】の続きを読む

              
1: 名無しのオプ:2011/02/06(日) 23:20:00
完全犯罪って可能なのかな?
前スレで言ってたトリックとか結構いい感じだと思ったけど…





ミス板の住人なら毎週一度は完全犯罪について考えるよな?
4: 名無しのオプ:2011/02/08(火) 10:49:05
完全犯罪なんて簡単ですよ
5: 名無しのオプ:2011/02/08(火) 13:28:01
医者や看護師なら、対患者で有効だな。
【完全犯罪を考える。inミス板】の続きを読む

              
1: 同性愛者:2010/10/22(金) 23:54:27
だって最後まで読めばわかるんだもん。
「読者に挑戦」とか謳ってる本でもあっさり解って拍子抜けした。

唯一犯人がわからなかったったのは、
『かまいたちの夜』ってゲームソフトの攻略本?に付いてた読み切り。
これは「ここまでで犯人を特定する手掛かりは揃ってます、犯人を推理してから次からのページをお読み下さい」
みたいにあった。

でも、他の本では、「どの時点で犯人を言え」とか「ここまでで手掛かり揃ったよ」とか書いてないから、
結果として最後まで読むから、あっさり犯人が解る。

まあ、作者は32ページ目くらいで犯人特定の手掛かりが揃ったと思っていても、
鋭い人なら28ページ目くらいで犯人がわかったりするんだろうか。
2: 名無しのオプ:2010/10/23(土) 00:05:11
人形はなぜ殺される
3: 名無しのオプ:2010/10/23(土) 01:30:06
虚無への供物
4: 名無しのオプ:2010/10/23(土) 08:09:55
神様ゲーム
5: 名無しのオプ:2010/10/23(土) 11:14:08
要は問題編と回答編とにはっきり分かれてればいいんだろ
いくらでもあるだろそんなの
【俺は推理小説で犯人が解らなかった事が1度しかない】の続きを読む

              
1: 吾輩は名無しである:2010/10/19(火) 21:01:12
数年の間にころころ変わるものなんですか?
少し前は舞城ばかり名前が出てたのに
今は東やら川上やら古川やら。
2年後ぐらいにはまた別の人が天才として祭り上げられてるんでしょ。
2: 吾輩は名無しである:2010/10/19(火) 21:26:16
こんな奴ら誰が読んでるんだろう
ほんとうに不思議でならない
3: 吾輩は名無しである:2010/10/19(火) 21:29:03
まあ商売であることには違いないから
携帯電話のCMキャラぐらいの周期で変わるんじゃないかね。
4: 吾輩は名無しである:2010/10/19(火) 21:51:36
漱石、鴎外、谷崎レベルの作家はおらん。
【文学の天才って】の続きを読む

              
1: 名無しの権兵衛さん:2008/09/14(日) 13:00:47
やっぱり北海道かな?長野ならリンドおばさんのような嫌味な婆さんが多そう。
でも、消防団うざそうだな。
3: 名無しの権兵衛さん:2008/09/15(月) 13:50:12
やっぱり、八ヶ岳がいいかな?
4: 名無しの権兵衛さん:2008/09/15(月) 16:01:03
四国の剣山のあたりだろ

山の傾斜に住んでる集落。 毎日脚鍛えられるぞ
5: 名無しの権兵衛さん:2008/09/15(月) 17:45:27
ロマンチックじゃないといやだ。
【日本で「赤毛のアン」のような田舎暮らし】の続きを読む

このページのトップヘ